MATSURI まつり事

公共団体まとめ 

※表紙の下!の、ココに「INDEX」を作成予定
 

何が、同じ!or 違う!化

以下の、写真は、同じ!「哺乳類」で括れる、生物たちの骨である

 

イチバン!大きい、鯨(クジラ)は、地上から海に戻り、体長10mが当たり前に

なり、河馬(カバ)の仲間の、アショロアは既に、この世!? から姿を消している

 

小さい!哺乳類の代表の、鼠(ねずみ)は、人間が作った溝(どぶ)に生きる場

所を見つけて、有り難く無い!名称を貰ってシマッタ仲間は、大きくなった!?

 

見た目は、悪魔か?と思われる、蝙蝠(こうもり)も、その身体の「パーツ(部品)」

は、他のモノとは違う形状をしているが、構造は同じ!で、より「人間」に似ている

こと、多くの鳥が飛べ(&ば)ない夜間に、音も無く現れる!? から、忌み嫌われる

 

だけど、その骨格の「基本的な構造は同じ!」であり、だから、括りも同じになる

 

それと、同じYoh!に、人間が生活する「社会」という、『生き物』も、大なり小なり、

正常に機能する為には、「同じパーツ」が必要であり、色んな「モノゴト」の状況や、

そこで暮らす者の考え方で、色んな形態に変化(へんげ)するモノである

 

確かに!ドラえもんの「ポケット」や、何でも想うがまま!になる「打ち出の小槌」

が何処かに在り、無尽蔵に、みんなの欲求が満たされるので有れば、何の調整

も、色んなモノゴトの塩梅やバランスを取らなくても、それぞれが、勝手に自分の

遣りたい事を遣っていれば良い!? 一見、極楽浄土 ≒パラダイスではある

 

然し、色んなモノゴトには、限りが有る!から、楽しいのであって、多分、人間の

寿命が、千年もあったら、もっと違い生き物になっていたことも、確かである

 

色んな「物 (≒道具)」も、それぞれに不足していることを補う為に、智慧と工夫で

生まれてきたモノであり、苦労知らず!? の処には、新しい道具は産まれ無い!し、

殆どの「物」は、誰かが「有り難い!」って思ったから、世界に広まった蓮であり、

何時し化?それが「当たり前」になった途端に、その有り難味が消えて、もっと&

もっと欲しい!な欲求だけが、残ってシマッタ!? から、不満だけが増大する

 

元来、物が沢山、有る!のは、それだけで「幸せ」な筈?だが、それを「有り難い」

って思うココロが不足しているから、何となく「不幸」に思って終う

 

いま!有る「色んな道具」と、それを「有り難い」と思うココロの、

『塩梅&バランス』が不釣合い!だから、みんな不幸感が満載!? になっている

何でもカンでも、ヒトに求める!馬ッ鹿り!? 駄から、自分を満たすことが出来無い也

 

写真集: 色んな「骨の標本たち」 ( 並び: 大きい!順番 )

 

ミンククジラ (約7m)標本 網走市郷土資料館

0807_ミンククジラ.jpg

 

アショロア ( デスモスチルス ) 約2m 足寄動物化石博物館

0613_足寄アショロア.jpg

 

ドブネズミ  約10cm (尻尾を除く) 特別展 at 美幌町図書館 of 美幌博物館

0613_ねずみ.jpg

 

ちょっと「手(指)が長~い!」 蝙蝠(コウモリ) 身長 約8cm 

0327_蝙蝠骨.jpg

 

キタクビワコウモリ 学名: Eptesicus nilssonii on 北海道のコウモリ図鑑

 

おまけ!

 

生物学では、結構「遠~い!親戚」な、身近な!? 昆虫「蝉 (セミ)」

0523_蝉.jpg

会員登録!している、日本アンリ・ファーブル会

 

今年も走る!! 是 SLオホーツク号!記念

 

1996年に始めて、欧羅巴 の オーストリア へ行ったときに買ったTシャツ

 

DAMBÖCKHAUS ※其処で!欧羅巴人の「我、先に!」精神?を見た~ッ

0613_DAMBOCKHAUS.jpg

 

いま!でも、走っているらしい、Nostalgia steam train

dampf.gif

※登山鉄道なので、客車の後ろに、SLが連結されている!の図